シリーズ : ラーニング・トピック

【後編】フレデリック・テイラーとラーニング

フレデリック・テイラーが行ったことを、現代の教育では「受講者に行ってもらう働きかけ」が重要であることを議論しています。 テイラーが科学的なアプローチで仕事を分析したことを、現代の私たちは「自分がテイラーになって、自らの学ぶものの教育訓練を、自分で作り出す」ことが必要です。 このことについて議論しています。
会員限定コンテンツです。ログインして、ご覧ください。
なお、このコンテンツにアクセスするには、 プレミアム会員のお申し込みが必要です。